インスタグラムの新しい機能、「ストーリー」。今年8月に始まりました。

10月で利用者が1億人を超えたそうですね。

24時間で投稿が消えるというユニークなもの。
気楽に写真を投稿できます。

「こんな感じ~」と写真をちらっと見てもらいたいときなんかに便利です。

足跡機能

誰が見たかは自分のストーリー上から確認できます。

投稿すると「ストーリー」というアイコンが左上に出てきます。これをタップすると投稿した写真や動画が見られるのですが、その下の方、目の形のアイコンがあるので、タップ。

screenshot_2016

これで見た人のアカウントがわかります。

「面白そうだから覗いちゃえ~」

でも覗いたことはわかってしまいますから、いたずらはしないように ^^

ストーリーをこまめにチェックしてくれる人がいたり、どこで見つけたのか知らない人がのぞいていたり。
「いいね!」と同じ感覚ですが、ストーリーの「足跡」は「いいね!」したくなくても強制的に押されてしまうもの。 この足跡機能、そうとは知らず、フォローしていない人のストーリーなんとなく見てしまって、なんとなく恥ずかしい思いをして、なんとなく足跡を削除したくなる人、結構いるみたいです。

削除できないだろうなと思いつつ、その方法をGoogle先生に聞いてみたところ、答えは、

「残念ながらありません」

でした。

こっそりのぞくことはできないんですね。
むしろ、知らない人ともつながっていけることを楽しみましょう。

ただ、どうしても方法がないわけではなくて、スマホのエミュレータを使ってアカウントを別に作れば可能となるみたいです。

なんとなく、別人なりすましみたいな感じ…

なお、足跡機能がある代わりに、いいねや公開コメントの機能はありません。何か伝えたい時はダイレクト機能で非公開メッセージを伝える形になります。

スポンサーリンク

閲覧回数は?

この足跡機能、何回みても、表示されるのは一回のみ。
閲覧回数ではなく、閲覧したアカウントの数になっています。
知りたくなるのは、回数ではなくだれが見に来たかですから、いい仕組みだと思います。

閲覧順は?

新しく見に来た人がいると、足跡の並びの上に追加されていきます。
一番最近閲覧した人が一番上にくるということですね。

試しに初インスタをFacebookアカウントでログインしてみたら、2時間で7人ほど足跡が付きました。ちなみにFacebookのお友達は100人程度です。

screenshot_2016-10-09-08-02
投稿直後
2時間後
2時間後

どう使う?

使い分けとしては、まさに「独り言」的な感じです。
独り言ってのも不思議なもので、誰かに答えてほしいわけじゃないけど、なんとなくそこにいてほしい的な。

ちらっと家族の面白い写真など載せてみたり。

メインのインスタは、どや顔したいとき、ストーリーは独り言言いたいとき。
そんな使い分けはいかがですか。

スポンサーリンク