先日の福島沖での地震。
津波警報にびっくりした方、多かったんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

津波警報と実際の津波。時間差がありました。
これ、重要なことです。

津波警報と実際の津波

気象庁の発表によると、地震発生は11月22日5時59分。
震源地は福島県沖で、震源の深さは約25km、マグニチュードは7.4。
ごろ福島県などで震度5弱。(修正後のデータです)

ほぼ同時に、テレビから地震警報。

関東地方でもゆっさゆっさと大きな振幅の揺れがありました。
よくある地震とは違う大きな揺れ。
3.11を思い出させるような不気味な感じでした。

「もしや」

と思ってテレビに注目していると、津波警報が…。

津波警報

最初の津波警報はこのようなもの。

keihou01
「すぐ逃げて!」

予想は3mです。でもTVの中継を見ると漁船が止まっていたり車がうろうろしていたり。
6:05頃、あわただしく動き始めました。
漁船も動き始めています。

この時点ではまだ津波は確認できず。

近隣沿岸では6:20~6:30の津波到達予測なので、もう来る頃です。

6:20ころ。おおよそ避難されたようです。

車の往来は見えますが、ちらっと寄ってすぐに出ていくような。
残った人を運んでいるのかもしれません。

緊急車両が行き来するのが見えます。
決死の覚悟なんでしょう。

徐々に明るくなってきますが、津波はまだのようです。

「もしかして大丈夫?」

そんな感覚に襲われます。

「津波、大丈夫なのかな?」

津波が来る!

6:41、いわき沖20Kmで津波を観測。

スポンサーリンク

予報より大幅に遅れてます。
小名浜港では引き波を観測。

津波は地震のエネルギーで海面が盛り上がった状態。
盛り上がったところの外側は、水面が下がっています。
それが近づいてくると海岸では引き波(さーっと海岸が遠ざかるように動く)として観測されます。

それが、引き波。

6:49、小名浜港で60㎝の津波を観測。

小名浜港をじっと見ていると、右から左へ海水の流れ。
右側が陸、左側が海です。
これが引き波です。

7:00頃、流れがいったん止まります。そして逆方向へ。
警告し続けるアナウンサー。

夜が明けて周囲がはっきりと見えてきます。
緊急車両が一台止まっています。赤く見えるので消防の方でしょうか?
どんな気分なんだろう。
押し波、引き波の間隔は10~20分くらいでしょうか。

繰り返す押し波引き波

各地で津波到達の報告が入ってきます。
それぞれ1m以下。

でも、警報での津波の高さは引き上げられます。

押し波・引き波の間隔は徐々に短くなっているような…

3.11の時も第一波は10㎝程度の高さでした。
それで安心して家に戻ったところに巨大津波がやってきました。

不気味な静けさの中にサイレンが鳴り、避難を呼びかけるアナウンサーの声がこだまするようです。

呉羽化学の火災は事務所だったようで、とりあえずよかった。
工場が燃えたらどうなることか…

安倍首相が声明を発表

外国にいた安部総理が声明を発表します。
早い対応だと思います。

海は静かに押し波と引き波を繰り返す…。

原発の冷却装置が停止しているという情報が入る。
みなさん無事に避難しているのだろうか。

スポンサーリンク