効果絶賛、話題のリフトアップ化粧品アガルセラム 乾燥肌の冬対策を!

だいぶ前に紹介したこれ。

口コミで話題のリフトアップ効果絶大という化粧品、アガルセラムです。
ずーっと迷ってたんですが、乾燥肌の冬対策も考え2本目購入しました。
なぜ迷ってたかって?

だって、だって、お高いんだもの。
1本9500円。2本入りだと18000円。
小市民には、おいそれと変えるものじゃあーりません。

でも、やっぱりこれを買ってしまったのは…

その効果

ほんとにハリが出ます。
それもよくあるリフトアップ化粧品みたいに突っ張る感じは全くないんです。

なんていうか、筋肉が引き締まる感じ。

コラーゲンが瞬時に再生?

よく、部分痩せは不可能、なんて言われますよね。

でも、筋トレしていくとくびれができてくる。

あれは、たるんでた腹筋が引き締まってその上についてた脂肪と皮膚が引っ張られるかららしいです。

なんとなくですけど、それと同じことが顔で起きてるんじゃないかって。

皮膚のたるみって、コラーゲンが云々…ということなので、ぬってすぐたるみがなくなるなんてかなり疑わしい。。
皮膚のターンオーバーって何日もかかるんでしょ。

だからこそ、即時効果が得られれば、その化粧品売れるはずです。
で、結局、塗った化粧品が膜状になって固まってグググッて縮んでいけば皮膚はひっぱりあげられると。

よくあるリフトアップ化粧品使った時のツッパリ感はそれが正体じゃないかと思うんです。

本物のハリって?

でもそれって、偽物のハリですよね。

アガルセラムを使うと不思議な感じがします。
表面が突っ張る感じは全くなく、スーッとなじんでべたつきません。
さわやかなフラキンセンスの香り。

フラキンセンス? なにそれ?

フラキンセンスの木という方は、ハーブのローズマリーを想像していただけるといいかも。
よく似た香りです。でもそれよりも柔らかい香り。

少しするとお肌のもちもち感とともに、表情が上がっていくような。

肌が上がるというより、表情が上がるって感じなんです。
顔の筋肉に力がみなぎってくるような感じ。

笑顔が作りやすくなります。
ぼーっとしていても、顔がなんとなく笑顔になっているような感覚。
不思議ですよ~。

これがマイナスイオン効果?

これが、マイナスイオン効果なんでしょうかね。
アガルセラムはトルマリンの220倍のマイナスイオンを発生するそうです。
それが筋肉を活性化して表情を引き上げて、ハリのある顔にする。

と考えると納得です。

それが即時効果なんですね。
朝お手入れして夜までその効果続きますよ。

そんな経験ありますか?

アガルセラムだけですよ、きっと。

冬の乾燥肌にも

そろそろ本格的な冬到来です。
太平洋側は毎日乾燥。

乾燥肌の季節です。

一本目を使った結果、かなり肌の状態がよくなりました。
ここでほかのものに乗り換えて乾燥対策をするよりも、このまま続けたほうがいいんじゃないかって思うほど。

マイナスイオンだけじゃなく

アガルセラムにはマイナスイオン発生するエスタイムオーレという成分だけじゃなく、コラーゲンやプロテオグリカンやヒアルロン酸なども含まれていて、お肌を外から守ってくれます。
たぶん、これにマイナスイオン効果が重なって新陳代謝を活性化しつつ、外の刺激から肌を守りつつ、コンディションを回復させていたのかなって。

よくある乾燥肌対策って、外から何か与えて肌を守るだけですからね。

そう考えると、やっぱりアガルセラムはいい! ってなりますよね。

即感性と持続性

即感性と持続性といううたい文句には、そんな理屈があるんじゃないかと思います。
そして使っていくうちに肌のコンディションが変わっていく。
これは実証済み。
1本目使い切るころにはだれが見ても違いがわかります。

やっぱり、これだわ~。

ほんと、使ってみればわかります。

どこにも売ってません

で、これ、口コミで広まりつつあるもので、まだまだ知ってる人少ないですね。
出かけたついでにいろいろなお店の中探してみたんですけど、やっぱり置いてありませんでした。
何人か販売員のお姉さんに聞いてみたけど、10人くらい聞いて知ってたのは2人だけでしたね。

アマゾンや楽天見ても売ってないです。

やっぱり買えるのは公式サイトからだけみたいです。

本格的な乾燥トラブルに見舞われる前に、ぜひ試してみてください。
値段以上の価値はあると思います。

banner-1%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください